【エヴァ】なぜ人類補完計画は破綻したのか?徹底考察

なぜ人類補完計画は破綻したのか

赤木ナオコ

2005年、長野県の第2新東京市、第2東京大学で、葛城ミサト、加持リョウジ、赤木リツコの3人が出会います。ミサトは既に失語症は完治しており、この頃には、人と積極的に会話ができるようになっており、加持リョウジと交際を始めています。

2008年、赤木リツコは母の背を追って、ゲヒルンの技術開発部に入所、E計画に携わることになります。この頃から碇ゲンドウと赤木ナオコの密会が始まります。ジオフロントで二人がキスしているところを、赤木リツコが目撃しています。赤木ナオコはゲンドウが自分ではなく、未だユイを愛していることを理解していましたが、それでも、ゲンドウの計画に協力します。

2010年、ジオフロントに、碇ゲンドウと綾波レイ(3歳ぐらい)の姿がありました。

ナオコはレイがユイに似ていることに気づき、綾波レイについて調べましたが、データは抹消済みでした。レイはゲヒルン内部では、ゲンドウの知人の子ということになっており、この時点では、主要メンバーの赤木ナオコにさえ、秘匿事項となっていたのです。前述したように、綾波レイはゲンドウの人類補完計画のキーマテリアルであり、ゼーレに隠蔽する必要があったためです。

綾波レイには、リリスの魂が宿っています。そのため、魂を持たないターミナルドグマのリリスは、磔にされたまま眠りについています。セントラルドグマには、多数のレイのクローンが存在しますが、魂を持つ肉体は綾波レイのみであり、綾波レイが死ぬと、魂をそれらクローンに移し替えることで、新たな綾波レイを作りだすことができます。記憶も定期的にバックアップが取られているため、バックアップ時までは復元が可能です。


リツコ:魂の入った入れ物はレイ、一人だけなの。あの子にしか魂は生まれなかったのよ。ガフの部屋は空っぽになっていたのよ。

リツコ:ここに並ぶレイと同じ物には魂がない。ただの入れ物なの。


この頃には、葛城ミサトは加持リョウジと破局しています。ミサトは、実は父親に愛されたかったという気持ちに、父親が死んでから気づいたということは既に述べました。

そして、当時交際中であった加持リョウジの中にミサトは父親を求め、疑似的に近親相姦を求めて体を重ね続けていたことに気づいてしまい、ミサトは自ら加持の元を去りました。

大学を卒業したミサトは、父親の敵討ちをするために、あるいは、父親の呪縛から逃れるために、ゲヒルンに入所し、ドイツの第三支部に勤務することになりました。

同年、赤木ナオコ博士により、MAGIシステムが完成します。MAGIは、赤木ナオコの「科学者」、「母」、「女」の3つの人格による独立した人工知能から構成されており、その合議制によって意思決定が行われています。3つの人格は、それぞれ、カスパール(Casper)、バルタザール(Balthasar)、メルキオール(Melchior)という新約聖書に登場する「東方の三賢者」の名前が付けられており、これはゼーレの関与を暗示しています。

しかし、MAGI完成の日、赤木ナオコは投身自殺しています。

自殺の直前、綾波レイがナオコの元に現れ、ゲンドウが綾波レイに対し、赤木ナオコのことを「用済みだ」と話していることを聞かされたナオコは、逆上して綾波レイを絞殺してしまいます。そして、自らもブリッジから投身自殺してしまいました。

ナオコの自殺の原因は不明ですが、恐らく、綾波レイを殺してしまったことではなく、ゲンドウが自分を道具としか思っていないことを確信したためであると考えれます。なぜなら、この頃には、赤木ナオコは、綾波レイがクローンであることや、再生可能であることを知っていたためです。

ネルフ誕生

その後、ゲヒルンは解体され、より公的組織である、国連直属の超法規的組織、特務機関ネルフが2010年に再構築されました。自殺した赤木ナオコを除き、すべての職員はネルフに移籍しています。

ゲヒルンと同様に、人類補完委員会が予算承認権を持っており、ゼーレの庇護の元、一国の国家予算に匹敵する予算が投入されています。

ネルフは、使徒迎撃について、多くの権限が与えられており、使徒迎撃作戦時には、国連軍や戦略自衛隊すらも、ネルフの指揮下に入ることになっています。

ネルフ本部は芦ノ湖北湖畔の第3新東京市地下のジオフロント内に位置します。このジオフロントこそ、先に述べた「黒き月」であり、リリスベースの魂が還る場所「ガフの部屋」そのものです。直径6km、高さ0.9キロの半球型の空間ですが、その89%は埋没しています。地上の集光ブロックから光ファイバーにより太陽光が取り込まれ、地上と同等の明るさを維持しています。

建築されているのは、ネルフの施設がほとんどですが、民間人の避難シェルターも存在しています。ネルフについては、公表されていませんが、第3新東京市に住んでいる住民は、ネルフ関係者、あるいはその家族であり、市内では、半ば公然となっています。

本部以外にも、米国に第1・2支部、ドイツに第3支部、その他にも世界各地に支部が作られており、主に、エヴァシリーズ、S²機関、エヴァのパーツや武装の研究開発を行っています。

ゲヒルンがドイツ語で「脳」を意味していたのに対し、Nervは「神経」を表します。ロゴには、知恵の実(認識の実)を食べてしまったアダムが、知恵を付けたために裸でいることを恥じ、股間を隠すために使ったとされるイチジクの葉が用いられています。半分欠けているのは、「生命の実」を手に入れていないためとされています。

ネルフの表向きの組織目的は、使徒のせん滅です。しかし、前述したように、人類補完計画の実行こそが、ネルフの真の目的です。

ネルフと同じように人類補完委員会直属の諮問機関として、マルドゥック機関が創設されており、マルドゥック機関は108の関連企業を抱え、エヴァパイロットの選出を主な活動としています。しかし、実際には、108の関連企業は全てダミーであり、そのような組織は存在しません。パイロットの選出理由をカモフラージュするための組織です。

パイロットの選出は全てゼーレやゲンドウが行い、マルドゥック機関からネルフに届く書類は全て、ネルフ内部で作られています。この事実を知っているのは、ネルフ本部内でもごく限られた人物だけです。

そのパイロット候補者である子供たちは第3新東京市立第壱中学校の2年A組に集められています。なぜ中学2年生だけかと言えば、エヴァとのシンクロに重要なA10神経が活発な思春期であるためです。

Mardukとは、古代バビロニア神話に登場する50の異名を持つ男神の名前です。

使徒襲来

2015年、裏死海文書に記された通り、眠りから目覚めた使徒達は、人類に対して生存競争を挑んできました。

あるものは、リリスにアクセスして全生命をリセットすることを目論み、あるものは彼らの始祖アダムを奪還しようとします。各々の生存繁栄戦略の元、使徒は動き出しました。

しかし、リリンのように、使徒同士が協力し合うことはなく、各々が単独で行動しました。

この時点で、ゼーレとゲンドウの双方の目的は、使徒せん滅で一致しています。そのため、両者は使徒をせん滅するために必要なエヴァを重要視し、国連や加盟国を利用して、予算をネルフに集めています。結果、アメリカ、中国、日本などの主要国は、そのトップである大統領や首相でさえ、人類補完計画について知らないまま、国が傾くほどの国家予算を投じて、エヴァやS²機関の開発を行っています。もちろん、ゼーレの計画通りに事が進めば、彼らは全て無になることは知りません。

また、ゼーレやゲンドウは、エヴァに各国の予算を集中させるため、エヴァの代替兵器となり得る、使徒せん滅兵器の廃除もおこなっています。

使徒せん滅を目的として開発された「ジェットアローン」は仕組まれた事故によって、計画がとん挫しています。ジェットアローンは日本重化学工業共同体、通産省、防衛相が共同開発した兵器です。この時点でのジェットアローンは、エヴァの欠点の一つである活動時間において、高い比較優位性(150日間連続使用可)を持っていましたが、核分裂型の原子炉を内部に持っているため、危険性が高いという欠点と、そもそも、使徒の持つA.T.フィールドに対して対策を持っておらず、使徒殲滅用決戦兵器としては不十分でした。しかしながら、将来的には、原子炉の代わりにN²リアクターを搭載することで、メルトダウンの問題については解決される予定でした。A.T.フィールドへの対抗策についても、ロンギヌスの槍の研究開発により、A.T.フィールドに干渉できる武器が作れた可能性は十分あります。実際に、後に登場する量産型エヴァは、ロンギヌスの槍のクローンを装備しています。

(エヴァンゲリオン2内でジェットアローン改が使用していた、A.T.フィールド無視の特大ハンマーは見なかったことにしても)

しかしながら、ゼーレやゲンドウにとっては、使徒殲滅はあくまで計画の前段階でしかなく、エヴァを人類補完計画に利用することが目的であったため、ジェットアローンやその他の使徒せん滅兵器となりえる代替兵器は彼らによって、廃除されました。

初めて第3新東京市を襲撃した使徒は「第3使徒」サキエルと呼ばれています。

第3使徒と呼ばれる理由は、アダムを第1使徒、リリスを第2使徒と呼ぶためです。第一始祖民族を神とした場合、アダムやリリス、それら始原の存在から生み出された、リリンベース及びアダムベースの生物は、全て使徒と呼ぶこともできるでしょう。この定義によれば、リリン、つまり、人類も使徒ということになります。

サキエルは予測されていた通り、A.T.フィールドによって、国連軍による様々な通常兵器を無効化しました。また、国連軍の所有する最強兵器であるN²地雷でさえも、表面的な損傷しか与えられず、それも使徒の自己修復能力によって完治してしまいました。

使徒襲来に備えて準備を進めてきたネルフでしたが、その1カ月前に起きた事故により、専属パイロット(綾波レイ)が負傷しており、急遽、ゲンドウの息子、碇シンジが予備のパイロットとして招集されます。

碇シンジは、ゲンドウとは離れて生活しており、3年ぶりにゲンドウと再会することになります。

ネルフ本部に到着したシンジは、首から下が赤い液体に沈んだ初号機を見せられます。過去に、初号機の全身を見たことがあるシンジですが、ここでは覚えていません。余りにも幼すぎたためか、あるいは、母親が目の前で消えたという思い出したくない記憶とともに、初号機の記憶が無意識下に押しやられてしまっているためと考えられます。それゆえに、シンジは初号機の頭部を見た時、驚きながらも、それが巨大ロボットの頭部だと瞬時に認識しています。本当に始めて見た人であれば、それが巨大なロボットの頭部だとは、すぐに認識できないのが自然だと思われます。(エヴァはロボットではありませんが、3歳のシンジはロボットと理解していたためと考えられます)

ユイの事故以来、シンジは、父親のゲンドウを避け続けていますが、内心では、父親に愛されたい、認められたいと思い続けています。そのため、予測はしていたものの、父親が自分を招集した理由が、父親の仕事上の都合であると聞き、父親が自分に会いたくて呼んだわけではないと理解して傷つきます。

戦うことを拒否しながらも、少なくとも父親から「お前にしかできない」と言われたことで、父親の期待に応え、父親に認めてもらいたいという気持ちと、父親や使徒から逃げ出したい気持ちの間で葛藤します。シンジは大きな声で、「僕がいらないんじゃなかったの!」と叫びますが、父親の目を直接見て話すことはできません。父親から「乗らないなら帰れ」と言われたことで、シンジは「やっぱり僕はいらない人間なんだ」と自己解釈して落ち込みます。

シンジがエヴァに乗ることを決心しないため、ゲンドウは綾波レイを呼びます。ゲンドウやリツコの会話から、自分が乗らなければ、綾波レイが搭乗することを理解し、シンジは焦ります。

重症である少女を自分の代わりに危険な目に遭わせたくないというよりも、このままでは、また親に見放され、レイという人物に父親を奪われるのではないかと焦り、「逃げちゃだめだ」と自分に言い聞かせ、エヴァに乗ることを決意します。シンジは、度々、「逃げちゃだめだ」と自分に言い聞かせることがありますが、これは、シンジが自己防衛のために忘却したユイやゲンドウについての記憶の中に、両親がシンジに対して「逃げてはだめよ」、「逃げてはいかん」と言っていた記憶があり、シンジの中で、「逃げたから捨てられた」「逃げると自分が認められなくなる」という思いが、無意識に沸き起こっているためです。このことが、シンジへの強迫観念となり、これ以降、逃げないことに執着することになります。しかし、逃げることによって、他者から必要とされなくなることが、逃げることそのものよりもシンジにとっては怖いのであり、逃げることから逃げているとも言えます。

理論上、訓練すら受けていない碇シンジが初号機を動かせる確率は、0.000000001%でした。これは、綾波レイがエヴァとシンクロするために、7ヶ月以上もの日数を必要としたことなどを考慮に入れて、計算された数値であると考えられます。しかし、シンジは初搭乗にも関わらず、シンクロ率41.3%という、異常なまでに高いシンクロを達成します。それも、エヴァとのシンクロをサポートする、プラグスーツなしにです。事情を知らないミサト達は驚いていますが、初号機のコアとシンジが母子であることを知っている者達には、ある程度、確信のあった結果であると考えられます。

この使徒との初戦で、人類は勝利しました。この結果により、ネルフ及びE計画の予算はさらに増し、世界各地でエヴァシリーズの開発がスタートします。全てはゲンドウとゼーレの書いたシナリオ通りに進んでいきます。

ここで、チルドレンである碇シンジ、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレーと、彼らを取り巻くネルフの大人達について、この時点での情報をまとめておきましょう。

なぜならば、ここからのストーリーは彼らのパーソナリティや内面世界が非常に重要になるためです。

Related posts

9 Thoughts to “【エヴァ】なぜ人類補完計画は破綻したのか?徹底考察”

  1. John Smith

    異議申し立てしたら動画戻るんじゃないですか?偽名義での攻撃なのでは

    1. unknown

      返信遅くなり、ごめんなさい。その可能性もありますね。
      次はしっかり武装して、消されたときは異議申し立てしたいと思いますw

  2. John Smith

    異議申し立てしたら動画戻ったりしないのですか?私はこの動画がとても好きでした。今削除されているのはとても残念です

  3. 日向

    以前、作成された動画を拝聴しとてもわかりやすかったので
    もう一度見たいなと思ったのですがYouTubeから削除されてしまったようです。
    もう一度youtubeにあげることが難しければ、ニコニコ動画に上げ直して頂いて
    リンクを修正して頂けないでしょうか?

    お忙しいところ、お手数おかけしますが素晴らしい動画だったので
    再び見れる事を楽しみにしています。

    1. unknown

      返信、遅くなりすみません。
      新しいエヴァ動画を作り直そうと思います。すこし時間がかかると思いますが、よろしければ、そちらを見てもらえると嬉しいです。

      1. mado

        新しいエヴァの動画、待ってます

        1. unknown

          ありがとうございます!

  4. aki

    サラさんは精神分析学を深く理解されているように、この考察を見ると思えますが、その道の勉強はやはり大学などでなさっているのでしょうか?それたまある程度は、独学でも行える範囲なのでしょうか?

    1. unknown

      私の大学での専攻は、経営管理でした。心理学は趣味で図書館の本を借りて勉強しています。
      私の知識は、ぜんぜん深くないですよ。心理学を勉強されている方が私の動画を見たら、ツッコミどころ満載と思いますw