【エヴァ】4章 セカンドインパクトの真相(碇ユイ、ゼーレについて)

中国・ベトナムによる領土紛争が勃発。国家間の大規模な戦争が、次々に発生しました。

その世界規模の紛争や戦争は、2001年2月14日の「バレンタイン休戦臨時条約」による国連の再編が行われるまで続きました。

日本も甚大な被害を受けています。2000年9月20日に東京に投下された新型爆弾の衝撃と海面上昇により、東京を含む首都圏の都市は壊滅。50万人が死亡しました。さらに、異常気象によって四季を失い、一年中、夏が続き、食糧難など様々な問題が引き起こされました。

葛城博士の娘である葛城ミサトは、セカンドインパクトで父を亡くしたショックから、この日を境に数年間、失語症になってしまいます。

ミサトは家庭を顧みない父を嫌い、母を泣かせる父を憎んでさえいましたが、事故に際し、父が自らを犠牲にしてミサトを守ったことで、ミサトの心の中に強い葛藤が生まれます。

ミサト「私の父はね、自分の研究、夢の中に生きる人だったわ。

そんな父を許せなかった。憎んでさえいたわ。」

新世紀エヴァンゲリオンより引用

父を失う直前に父の愛を知った彼女は、将来にわたって、父への愛の渇望に苦しめられることになります。

ミサト「私には分からなくなったわ。

父を憎んでいたのか好きだったのか。」

新世紀エヴァンゲリオンより引用

アダムとリリスの戦いとヨハネの黙示録

アダムとリリスの戦いについては、ヨハネの黙示録がもとになっています。

黙示録について、馴染みのない方も多いと思いますので、ここで少し触れておきたいと思います。

初めに神と悪の戦いがあり、悪はハルマゲドンという場所で、神に最後の抵抗を試みますが、神は勝利し、悪魔を1000年の間封印しました。

16:14

これらは、しるしを行う悪霊の霊であって、全世界の王たちのところに行き、彼らを召集したが、それは、全能なる神の大いなる日に、戦いをするためであった。

16:16

三つの霊は、ヘブル語でハルマゲドンという所に、王たちを召集した。

ヨハネの黙示録(口語訳). (2021年9月13日03:12). Wikisource, . 2021年10月15日05:13

この1000年はキリストに忠誠を誓ったものたちの平和な時代とされており、1000年の月日が経つと、悪は復活し、攻撃を再開することになります。

20:2

彼は、悪魔でありサタンである龍、すなわち、かの年を経たへびを捕えて千年の間つなぎおき、

20:3

そして、底知れぬ所に投げ込み、入口を閉じてその上に封印し、千年の期間が終るまで、諸国民を惑わすことがないようにしておいた。その後、しばらくの間だけ解放されることになっていた。

ヨハネの黙示録(口語訳). (2021年9月13日03:12). Wikisource, . 2021年10月15日05:13

エヴァの世界では、この初めの戦いは、黒き月が衝突したジャイアントインパクトに相当し、しばらくの間は、使徒は眠りにつき、リリンの時代が訪れます。

20:7

千年の期間が終ると、サタンはその獄から解放される。

ヨハネの黙示録(口語訳). (2021年9月13日03:12). Wikisource, . 2021年10月15日05:13

しかし、1000年の後、つまり、2015年の使徒侵攻が「裏死海文書」で予言されています。黙示録では、この悪の復活は、神の計画の内であり、神は復活した悪に火を放ち、根絶します。

20:9

彼らは地上の広い所に上ってきて、聖徒たちの陣営と愛されていた都とを包囲した。

すると、天から火が下ってきて、彼らを焼き尽した。

ヨハネの黙示録(口語訳). (2021年9月13日03:12). Wikisource, . 2021年10月15日05:13

悪魔が滅ぶと神が天に現れ、最後の審判が始まります。この最後の審判では、既に死んだ人々も神によって裁かれます。

20:13

海はその中にいる死人を出し、死も黄泉もその中にいる死人を出し、そして、おのおのそのしわざに応じて、さばきを受けた。

ヨハネの黙示録(口語訳). (2021年9月13日03:12). Wikisource, . 2021年10月15日05:13

そして、神に選ばれたものはいのちの書(生命の書)に名前を記され、記されなかったものは、悪と同様に業火に投げ込まれ二度と生き返ることはありません。

20:15

このいのちの書に名がしるされていない者はみな、火の池に投げ込まれた。

ヨハネの黙示録(口語訳). (2021年9月13日03:12). Wikisource, . 2021年10月15日05:13

そして、最後の審判が終わると、世界は死も悲しみもない楽園になります。

エヴァの世界では、人類補完計画の儀式が最後の審判に相当します。そして、設計者だけが、生命の書に名前を書くことができるため、魂を導くナビゲーターとして、ゼーレは設計者の魂を受肉した渚カヲルを用意しますが、ゲンドウも秘密裏に綾波レイを用意しています。そのため、ゼーレは綾波レイに、設計者の魂が受肉されていることを知りません。※設計者については、第1章参照

ゲンドウ「レイ、お前はその扉となり、全ての心を補完する為の道標となるのだ」

SEELE 01「渚カヲル…己が存在、魂はこの時のために…。道標となりて、魂を導くがいい。」

新世紀エヴァンゲリオン2より引用

しかしながら、ゼーレの補完計画も、ゲンドウの計画も、最終的には失敗します。それは、明けの明星、つまり、ルシファーの存在です。ルシファーは、元々は全天使の長でありながら、神に対して謀反を起こし、自ら堕天使となりました。エヴァの世界では、ルシファーは初号機であり、そのコアにいる、碇ユイを指します。

竹 熊   エヴァの羽は一二枚ですよね。 あれはルシファーですか。

庵 野   そのイメージです。 結局『デビルマン』から離れないと思うんですよ。でもしようがない。

庵野秀明 スキゾ・エヴァンゲリオン

ルシファーが悪に味方し、悪魔と共に神の軍と戦ったように、碇ユイは、ゼーレの子息でありながら、ゼーレのためではなく、人々の為に戦いました。そして、碇ユイの子であるシンジは、初号機の母と共に、ゼーレの計画を破綻させます。

最後に

皆さん、いかがでしたか。

今回はセカンドインパクトについてまとめましたが、この章では、碇ユイが登場しました。アニメではほとんど登場しない人物ですが、エヴァの物語は彼女を中心に進むことになります。そして、主要な登場人物の多くが、彼女の因果に巻き込まれて行きます。

いつものことながら、間違いも多いと思いますので、コメント欄でお教えいただければ嬉しいです。また、皆さんのコメントはとても励みになりますので、「見たよ」だけでも、コメントいただけると嬉しいです。

次章では、非公開組織「ゲヒルン」、「アダム計画」、「E計画」についてお話しします。

それでは、また次章でお会いしましょう。

Related posts

Leave a Comment