【エヴァ】7章 ゼーレの人類補完計画の目的

サードインパクトとは、一言で言えば、始原の存在(リリスまたはアダム)の自我(A.T.フィールド)の拡大です。始原の存在の自我の中では、ヒトは自我境界を保つことは出来ません。

サードインパクト:最深度情報
サードインパクトの正体は、人が人としての境界を失い、人が融けることを言う。
生命は終末を迎え(終末の内容は不明)A.T.フィールドを失う(人間の形も維持できなくなる)。

サードインパクト:最深度情報
サードインパクトの正体は、人が人としての境界を失い、人が融けることを言う。
生命は終末を迎え(終末の内容は不明)A.T.フィールドを失う(人間の形も維持できなくなる)。

A.T.フィールド:最深度情報
A.T.フィールドの拡大、それの極限は、無限製の自我=神であり、その前では、自我を崩壊してL.C.L.に戻る。
新世紀エヴァンゲリオン2より引用

そのため、自我を失った肉体はL.C.Lへと還元され、魂だけが残ります。そして、自我を持たないヒトの魂は、リリスによって導かれ、ガフの部屋で交じり合い、一つになります。ゼーレが発掘した裏死海文書には、このサードインパクトが予言されており、科学者はこれを回避する手段を探し求めましたが、ヒトはいかなる手段をもってしても、これを回避することはできないと結論づけました。

リツコ「だけど残念ながら、サードインパクトを止める方法は、私にはわからないわ。」
リツコ「もしそんな方法があるのなら、そもそも人類補完計画なんて存在しなかった。いまの私たちでは不可能だから、最終手段として人類補完計画を考えたのよ。」
シークレット オブ エヴァンゲリオンより引用

回避することはできないとしても、サードインパクトを生き抜く方法を科学者達は考え、遺伝子工学の権威でもあった碇ユイは、始原の存在に等しき自我(A.T.フィールド)を持つエヴァと、子ども達を同化させることで、

Related posts

Leave a Comment