他人と脳を少しずつ交換したら意識も少しづつ移動する?

他人と脳を少しずつ交換したら意識も少しづつ移動する?

今回は意識の謎について、考えてみたいと思います。

意識とはあなたが今、私の声を聞き、字幕を追っている、この意識です。機械のようにマニュアル通りに動くのではなく、自分の自由な意思で生きている、この意識です。

魂やココロと呼んだ方がわかりやすいかもしれません。

一般的に、人の意識は脳にあるとされています。であるならば、あなた(Aさん)の脳をBさんという方の頭部に移植した場合、手術後にあなたはBさんの体で目を覚ますことになります。(2人は双子、あるいはクローンで、拒絶反応は起こらないという前提)

この意識ですが、分割したり、他人の意識と融合したりすることは可能でしょうか?

脳の交換で意識は移る?

前回配信した「脳の研究で世界が終わる可能性」という動画の中で、脳研究の進歩によって引き起こされる、様々な問題についてまとめました。

その中で、他人と脳を少しづつ交換したら、あなたの意識も少しづつ移動するか?という命題に触れました。

脳の移動 図1b

脳の移動 図2b

脳の移動 図3b

このような場合、脳と一緒に、人の意識も分割されて移動するのでしょうか?それとも、意識は分割できない固有のものなのでしょうか?

意識が固有のものであるとした場合、途中、少しずつ記憶に矛盾が生じたり、身体の一部が動かなくなることがあるかもしれませんが、いづれ、あなたの意識はあなたの体からCさんの体に移り、Cさんの目から、元の自分の体を見ることになります。しかし、あなたはいつまで元の体からCさんを見ているのでしょうか?

視神経に関する部分が交換された時と答える方が多いかもしれません。

左脳と右脳はそれぞれ、右視野と左視野を処理しています。そこで、あなた(Aさん)の左脳とCさんの左脳を入れ替える手術をしてみます。(大脳だけでなく、小脳や脳幹も半分づつに分割できたと仮定します。)

左脳の交換

この実験では、視神経に関する部分が完全に半分に分割されています。この状況では、あなたはどちらの体で目を覚ますのでしょうか?

さらに、もし50人の人間で交換したら、どうなるでしょうか?

複数人での脳の交換

あなたの脳の50分の1が50個の脳にバラバラに散りばめられることになります。あなたはどの体で目を覚ますのでしょうか?

さらに実験途中で一人分の脳が死んでしまったとします。あなたの50分の1の脳はこの世からなくなってしまいました。この場合、50人の人間の意識と49人分の人間の脳が残ることになります。

魂は分割可能か

脳と共に死んでしまう意識は50人のうち、誰の意識になるのでしょうか?

この例で考えると、意識は固有のものであり、分割や融合ができないと考えるのは難しそうです。

では、意識の分割や融合が可能な場合はどうなるのでしょうか?

左脳だけ入れ替えた実験の場合、Aさんの意識50%とCさんの意識50%が新たな意識となり、「私はAだ」あるいは「私はAとCのハイブリットだ」と答えることになるのでしょうか?

ハイブリッド脳

意識は脳に依存する

意識が脳とは別に存在すると考える学者もいます。意識とは、エクトプラズムや霊魂のように、非物質的存在だとする考え方です。

エクトプラズム

また、学者によっては幽体離脱のように身体から抜けることも可能だと考える人もいます。もしそれが正しいとすれば、脳と意識の役割はそれぞれどのように割り当てられているのでしょうか。

例えば、人間の性格は脳が作るのでしょうか?それとも、意識が作るのでしょうか?

あなたはお酒を飲んで記憶を失ったことがありますか?あるいは、お酒で性格が変わってしまった人を見たことがありますか?アルコールのような薬物を使えば、人の記憶や性格を変えることが可能です。

意識が霊魂のような非物質的なモノの場合、それそのものは、物質的なアルコールの影響は受けないと考えるのが妥当でしょう。

物質に影響を受けない

よって、性格や記憶が物質的なものに影響を受けたということは、これらは意識によって管理されていないと考えられます。

お酒影響

つまり、意識に性格や記憶はないということになります。

意識に性格はない

そうなると、幽体離脱を経たあなたは性格を持たず、思考もできず、記憶はなくなることになり、自分が誰かもわからなくなります。

そのため、仮にすべての人の意識が寝るたびに入れ替わっていたとしても、今のあなたがそれを知覚することはできません。記憶は脳に依存するため、あなたは数十年、この体で生きてきたと考えてしまうのです。

同様に、幽体離脱したあなたの意識が、Bさんの体に移ったとしても、あなたの意識はBさんの脳に依存するため、あなたの性格はBさんの性格になってしまいます。そして、あなた(Aさん)は「私はBだ!」と答えるでしょう。

意識が合体

脳の交換の実験に話を戻します。

意識が脳の記憶に依存するということは、意識が固有なのもであろうが、分割可能なものであろうが、50%のAさんの脳と50%のCさんの脳を持った人間は、そのハイブリッド脳の記憶を分析し、その結果から「私はAです」。あるいは「私はCです」と答えるだけということになります。

そのため、2人とも「私はAです」と答える可能性もありえます。50人で脳をバラバラしてに交換した実験でも同じです。50人全員が「私はAです」と答える可能性もありえるのです。

そのため、あなたがAさんの体で目覚めても、Cさんの体で目覚めても、もともとの自分の意識がAのものであったか、Cのものであったか分からないのです。よって、意識が固有か分割可能かという問にも意味がないことがわかります。

また、あなたが、「今、まさにこの動画を見ているのが私じゃないか」と主張しても、1秒前のあなたの意識や、1秒後のあなたの意識が、あなたのものでない可能性もあるのです。

意識が固有であるか、分割可能であるかという問題と同じくらい興味深い問題として、「意識は本当に自由な意思を持っているのか」という問題があります。

双子の実験

あなたは自分の意思で、この動画を開きました。しかし、あなたの意思は本当にあなたがコントロールしていると言えるでしょうか?本当は、予め脳にあるプログラム通りに動いているだけで、あなたが自由に考え、行動していると錯覚しているだけということはないですか?

人間がプログラムの塊か、あるいは自由な意思を持っているかという疑問について、「双子の実験」という有名な思考実験があります。

全く同じ部屋を2つ用意します。それぞれの部屋のレイアウトや壁紙の色、食べ物、置かれているオモチャなどを全て同じにし、全く同じ環境の部屋を2つ作ります。そして、それぞれの部屋で、同じDNAを持った双子を別々に育てたとします。

もし脳がただのプログラムの塊であるならば、環境が全く同じであるため、双子は全く同じ行動を取るはずです。逆に、もし自由な意思が存在するならば、双子はそれぞれ違う行動をとるはずです。

しかし、この実験は実行できません。もちろん、児童虐待になるという問題もありますが、そもそも、一卵性双生児であっても、ほくろの位置に違いがあるように、完全なコピーではありません。同様に、原子レベルで全く同じ部屋を作ることもできません。

そのため、現代の学者が、この思考実験から答えを見つけることはできませんでした。

しかし、「双子の実験」もテクノロジーの進歩で実現できる可能性があります。

例えば、クローン技術の進歩によって、完全に同一のクローンマウスを2匹作れるようになり、脳に直接ビジョンを投影するVR技術の発明によって、バーチャルに全く同じ環境をマウスに体験させることが可能になれば、実験が可能になります。もちろん、原子レベルで同じマウスを2匹作ることは難しいため、2匹が違う行動を取ったとしても、自由な意思があると断言することは難しいでしょう。しかし、2匹のマウスが全く同じ行動を取り続ければ、少なくともマウスは自由な意思を持たず、プログラムの塊であると断定できることになります。

もし仮に人間がプログラムの塊であったなら

もし、あなたの意識はただプログラムに従っているだけであるとするならば、あなたが今後とる行動は、脳の情報を解析すればわかるということになります。もちろん、行動は外的環境にも影響を受けます。

例えば、あなたがトイレに行こうとしても、別の人がトイレに入っていれば、あなたはトイレを諦めるか、別のトイレを探すでしょう。

つまり、既に脳にある情報と外的環境だけで、あなたの未来は決まっていくことになります。

人はプログラム

同様に、今まであなたが生きてきた人生も、生まれた時の脳の情報と外的要因だけで決まってきたということになります。

少し難しい内容なので、例を用いて説明します。

仮にあなたが、過去にスポーツで輝かしい賞を受賞していたとします。

この成果は、あなたの「努力」の結果に違いありませんが、努力できる人間とそうでない人間の差は、①どのような脳を持って生まれてきたか②外的要因(どのような人に出会ったか、同世代の競合者の強さなど)で全て決まっていたことになります。

例えば、タイムマシンを使い、スポーツを始める前のあなたの元へ行きます。そして、当時のあなたの完ぺきなクローンを作り、脳の情報さえも完ぺきにコピーし、寝ている当時のあなたの代わりに、クローンを置いてきたとしても、クローンもあなたと同じように懸命に努力し、同じ賞を取ったであろうということです。

自由意志は存在するか

もしクローンが自由意志を持っているならば、あなたとは違う行動を取るでしょう。

別次元の世界

ここまで述べてきたことは、あくまで、この宇宙の次元で考えた場合です。例えば、この世界が未来にあなたが遊んでいる体感ゲームである場合や、実はこの世界は、水槽の中で生かされている、あなたの脳が見ている夢である場合などです。これらのような場合、これまでの考察はすべてバーチャルでしかないため、意味がなくなります。

外国人の反応

俺たちは、ただのゲームのアバターなんだよ。だから俺がニートなのは、プレーヤーが真面目にプレイしてないだけだから。

俺のプレーヤーは絶対、課金してないな。

————————

俺の細胞から作られたクローンの意識って、俺と無関係なのかな?

オロチ丸先生に聞けばわかるさ

いや、カブトだろ

まとめ

いかがでしたか?

今回は意識の謎についてまとめました。

科学技術が進歩すれば、私たちが本当に自由意志を持っているのか、明らかになるかもしれませんね。

そのことが、私たちに人類にとって、良いことなのかは分かりませんが。

 

今後もSALLAチューブをよろしくお願いします。

Related posts